治療について

治療方針・治療方法

当院の治療は、 “気”の流れを良くする治療です。
健康な人では“気”は滞りなく大地から天空へ(四肢末端から頭頂部へ)と流れています。
“気”は目でみることはできません。また、“気”そのものの実態を掴むこともできません。しかし、人間は特殊な訓練をすることで、“気”の流れを身体で感じることができるようになります。そして、流れがわかると“気”が止まっている(停滞)していることもわかります。身体は異常をきたすと、“気”の流れが滞ります。“気”が停滞している状態を気滞と呼んでいます。この気滞を解消することが治療の目標になっています。“気”の滞り(気滞)を解消することで、身体全身の“気”の流れを良くします。“気”の流れが良くなると身体は自然と治癒へと向かいます。時には、今までの常識にないほどの劇的な変化をもたらすほどの治療効果があります。

有川貞清先生の著書『始原東洋医学(潜象界からの診療)』には『【気滞を解消すれば疾病は必ず治癒に向かう】という全医療に共通する治療の原則』と記載されています。加藤淳鍼灸院では、このことが、真実であると認識し、実感し、実践しています。

気の流れには大きい流れ(大河)と小さい流れ(小河)がありますが、当院では大河の流れを観て、大河の流れが良くなるように治療をしています。大河の流れがよくなることは全身の“気”の流れが良くなるということです。

いわゆる、東洋医学で行われている病気に対するツボ治療ではありません。理由は、同じ病名であっても身体が治療をして欲しいと訴えてくる場所それぞれ違うからです。よって、刺激をしてほしいという身体が要求する場所は人それぞれ違います。また、同じ人物においても、昨日までと違う場所を使って治療することがあります。それは、身体が要求する場所はその都度違い身体が快方に向かっていく中でその人の身体の中でも変化していくからです。

西洋医学の理論に基づいた治療法でもありません。

どんな病気でも先ずは実際に治療を受けて体感して下さい。