患者さまの声を見る

加藤淳鍼灸院
鹿児島市東谷山1-36-1 フリーダイヤル:0120-706-219(鹿児島市外からは携帯・PHSでかけることができます。)

当院での鍼灸は“気の調節”です。 全身の気の流れを良くしていくと、気づかなかった 体の変化に気がつきます。

加藤鍼灸院トップページへ

逆子回りました32 33週 2300g 29歳

年末、嬉しいご連絡がありました。

妊娠33週2人目のお子さんが逆子になり、鍼灸院に来られた妊婦さんでした。

1人目のお子さんは自然分娩出産されましたが、2人目のお子さんは最初からずっと逆子だったそうです。

29週頃“羊水過多”と言われたそうです。

鍼灸院に来られたのが、33週目の時でした。

次回の検診一週間後に控えていました。

初めてはり・灸治療でしたが、大変リラックスして受けられていました。

ハリをして、お腹棒灸温めていきました。

院長が両足触ってみると、「あんまり冷えていないね。温かくはないけど、冷たい感じではないですね。うちで逆子の人で足が温かい人先月1人いて、これまで合わせて5人いましたが、みんな回っています回る可能性高いと思いますよ。」と話していました。

その言葉を聞いて少しホッとした表情をされていました。

お腹棒灸温めていくと、赤ちゃん良く動いていました。

赤ちゃんの名前の話をしていると、元気蹴っていたのでお母さんも笑っていました。

最後に足湯をしていきました。

両足10分した後に、右足だけ追加5分足湯していきました。

当院の診方で、全身の流れを診ると右側流れ良くしたい身体をしていたので、今回の逆子の患者さんは、右足を多く温めてあげることで、全身流れ良くなるようでした。

「とても気持ち良いです。かいてきました。」

足湯気持ち良さに驚かれていました。

普通の両足浸かる足湯とは違い、身体の反応をみて、左右どちらかより多く温めるほうが良い場合があります。

より多く温める方が良い側を追加5分くらいしていただくと、全身の流れ良くなり、とても心地良いです。

全身ポカポカ温まったようで、笑顔で帰っていかれました。

一週間後検診日お電話がありました。

「赤ちゃん、回っていました!ありがとうございました。」

「お~!良かったです。足湯続けて下さいね!」

「はい。がんばります。ありがとうございます。」

上のお子さんがいる家庭だと、なかなか足湯の時間を作ることが大変かと思いますが、鍼灸院で足湯を体験していく妊婦さんは足湯の気持ち良さに驚かれて、ご自宅でも続けてされる方が多くいらっしゃいます。

お風呂の全身浴、半身浴とは違い、足湯お灸の代わりとして身体働いてくれるので、逆子が回ってからも出産までは“足湯”続けていただくようお願いしています。

赤ちゃんが回って本当に良かったです。無事に出産されることを祈っています。母子ともに健康・元気でありますように心から願っています。

鮫島 佑梨子

«

»

ページ先頭へ

加藤淳鍼灸院