患者さまの声を見る

加藤淳鍼灸院
鹿児島市東谷山1-36-1 フリーダイヤル:0120-706-219(鹿児島市外からは携帯・PHSでかけることができます。)

当院での鍼灸は“気の調節”です。 全身の気の流れを良くしていくと、気づかなかった 体の変化に気がつきます。

加藤鍼灸院トップページへ

逆子回りました31 34週 1700g 31歳

今回が初産で、鍼灸治療初めてという逆子の妊婦さんが治療に来られました。

34週出産が近づくにつれて焦りを感じ始めて、最後の望みで鍼灸治療を受けてみようと思ったそうです。

はりもお灸も初めは怖がられる人は多いですが、実際に受けてみるとはりをしていることすらわからないというくらいはりやお灸による痛みなく、今回の妊婦さんも安心して治療を受けられていました。

お腹棒灸(艾が棒状になったもの)で丁寧温めていきました。

お腹の赤ちゃんがポコッポコと動くのでお母さんも微笑んでいました。

逆子の妊婦さんは下半身冷えていることが多く、本人も冷え自覚している人が多くいらっしゃいます。

今回の妊婦さんも冷えを感じていました。

治療が始まると全身の気の巡り良くなり、冷えていた足もポカポカしてきます。

最後に両足足湯をしていきました。

じんわり汗ばむくらい温まり、とても心地良さそうにしていました。

二週間後にお電話があり、「前回検診で、赤ちゃん回っていました!連絡遅くなってすみません。本当にありがとうございました。」

とても嬉しいお電話でした。

妊婦さんでお腹大きくなってくると自分の身体支えることが大変になり、これまで感じたことがなかった腰痛が出てきたり、なかなかリラックスした時間が取れなくなってきます。しかし、逆子になったおかげで、お母さん自身の腰痛楽になったむくみ取れて軽くなった、ゆったりした時間持て癒されたなどと喜ばれることが何より嬉しく思います。

お母さん心地良いと感じていると、赤ちゃんも同じように心地良さ感じていると思います。

母子ともに健康で、無事に元気な赤ちゃんが産まれますよう、心から願っております。

鮫島 佑梨子

«

»

ページ先頭へ

加藤淳鍼灸院