患者さまの声を見る

加藤淳鍼灸院
鹿児島市東谷山1-36-1 フリーダイヤル:0120-706-219(鹿児島市外からは携帯・PHSでかけることができます。)

当院での鍼灸は“気の調節”です。 全身の気の流れを良くしていくと、気づかなかった 体の変化に気がつきます。

加藤鍼灸院トップページへ

逆子回りました21 34週 1800g 32歳

こんにちは!鮫島です。

 

34逆子治療を受けた方です。

今回2人目のお子さんを出産されます。

28週目から逆子になり逆子体操など色々試されたそうですが、なかなか回らず、鍼灸院に来られました。

1人目のお子さん(3歳)は逆子ではなかったそうで、普通分娩でした。

産婦人科の1週間前の検診では、胎児は1800gで羊水が多いと言われていたそうです。

はじめての逆子で少し不安そうにしていました。

院長「○○さんの身体を診ると、お腹に冷えがあり、右足にお灸をする反応が出ているので右足を温めると良いようです。ご自宅でも右足の印がついているところにお灸をするか、“足湯”をすると良いですよ。足湯で両足10分温めた後、右足を追加して5分温めると良いです。後でしていきましょうね。」

まず、お灸をして、灸頭鍼お腹棒灸を近づけじっくり温めていきました。

とても気持ち良さそうに寝ていました。

治療中、お腹の中にいる赤ちゃんも動いていたそうです。

右のお腹冷えを感じるので足湯をしながら湯たんぽ右の下腹部を温めていきました。

また、下腹部を温めることはちょうど太い動脈(大腿動脈)を温めることにもなるので、全身が早く温まります。普段、お風呂で汗をかかない人でも当院の足湯たんぽにより、発汗し驚かれる方が多くいます。

今回の方も、全身がじんわり温まったようで、気持ち良さそうに“足湯”に浸かっていました。

次の検診を一週間後に控えていましたので、ご自宅でもなるべく“足湯”を続けてしてもらうようお願いしました。

 

一週間後の検診日、

「逆子、回っていました。」とお電話での嬉しい報告がありました。

母子ともに健康で、元気な赤ちゃんが産まれることを心から祈っております。

 

«

»

ページ先頭へ

加藤淳鍼灸院