患者さまの声を見る

加藤淳鍼灸院
鹿児島市東谷山1-36-1 フリーダイヤル:0120-706-219(鹿児島市外からは携帯・PHSでかけることができます。)

当院での鍼灸は“気の調節”です。 全身の気の流れを良くしていくと、気づかなかった 体の変化に気がつきます。

加藤鍼灸院トップページへ

膝の手術後経過報告(3ヶ月~半年)写真付き①

こんにちは!鮫島です。膝の手術をしてから半年が経ちました。

患者さまから色々お声をかけて頂き、ありがとうございます。蜀咏悄 1蜀咏悄 3

ご心配おかけしましたが、正座も屈伸も不安なくらくらくできています。

 

(半年を振り返って)

毎日、自宅でお灸(処方灸)をしていることと、膝の調子が悪くなると今までお灸をしていた場所と違った場所に身体は反応をだします。つまり、身体がお灸をして欲しい場所が変わっているのです。その為にツボの確認を含めて院長の治療を受けていました。その微妙な調整のおかげで、膝の調子は良く術後の回復は順調にいっていると感じていました。また、月に1度の術後検診と、3か月に1度のMRIで医師から「膝の動きも安定していて、靱帯のゆるみもありません。回復は順調ですね。」と言われると安心しました。

本当のことをいうと実は病院のリハビリをサボっていました。しかし、病院の検査では良いと言われていたので、やっぱりお灸が効いているんだな~と実感していました。

治療をすると膝も身体も軽くなっているので、私は毎回お灸が楽しみで続けられました。

先日、前十字靱帯手術後1年経過した人にお会いして術後1経過している方より、術後半年の私の方が膝に不安がなく動けるようになっていることから、自分の回復力はお灸のおかげだと改めて認識したので術後の経過報告をさせていただきます。

 

鍼灸治療をしていると治療をしていない人に比べて、明らかに自然治癒が促進されていると実感しましたので、後輩が肘の手術をした後にも身体の声に従って鍼灸治療をすると関節の痛みが引き動かしやすくなっていました。結果、彼女の復帰も1カ月早まりしかも、復帰した時に復帰前より動けていることに本人が驚き、嬉しそうに報告してくれました。

私の場合、入院中は反応点に磁石を貼り、退院後は自宅でお灸をしていました。その為、膝の腫れが早く引き、膝の曲げ伸ばしスムーズに動かせました。退院後2週間目の検診の時に松葉杖をつかずに診察に行くことができました。その姿をみた担当医には驚かれました。

自分でも、早く回復している手応えがあり、このまま鍼灸治療を続けて行こうと心に決めていました。

 

 

«

»

ページ先頭へ

加藤淳鍼灸院