患者さまの声を見る

加藤淳鍼灸院
鹿児島市東谷山1-36-1 フリーダイヤル:0120-706-219(鹿児島市外からは携帯・PHSでかけることができます。)

当院での鍼灸は“気の調節”です。 全身の気の流れを良くしていくと、気づかなかった 体の変化に気がつきます。

加藤鍼灸院トップページへ

肘の手術後 鍼灸治療①【磁石とテイシンで治療】

こんにちは!鮫島です。

先日、高校2年生の女の子が治療に来ました。

 

柔道で、寝技の練習中に右肘を痛め、「肘の内側、外側側副靱帯損傷」をした女の子です。

病院で診察をうけ、手術をすすめられました。

悩んだ末、手術をして、リハビリを行いながら柔道に復帰することを決めました。

 

彼女が手術をした日に入院先の病院へ、院長と行きました。

手術後の痛みに鍼灸治療はとても有効だと私自身、膝の前十字靱帯断裂をして再建手術をしましたので、身を持って感じていたことでした。     

手術後で麻酔から目が覚め、意識はハッキリしていましたが、手術後の逃れられない痛みに本人はきつそうでした。

手術後で、肘がギプスでガッチリと固定されていました。

 

院長が望診をし、治療をしていきました。

反応のある指先に磁石を貼り、頭にはり(ていしん)を当てていると、“少し軽くなりました”と言っていました。

 “肩から首、頭にかけても凝ります”

院長が頭にはりを当てました。

肩を上下に動かし、“わ~、軽い。スッキリしました。”と、治療後には少し浮腫んでいた顔が小さくなり、笑みがでていました。

 

“ありがとうございました”

 

病院を退院してから鍼灸院に顔を出すことがなく、心配していましたが、案の定、退院して2カ月後、

「肘の腫れが引かず、回復していない」と病院でのリハビリがうまくいっていないのか、本人は焦っていました。一日も早く柔道に復帰したい、という思いで、鍼灸院で治療が始まりました。

 

つづく

«

»

ページ先頭へ

加藤淳鍼灸院