患者さまの声を見る

加藤淳鍼灸院
鹿児島市東谷山1-36-1 フリーダイヤル:0120-706-219(鹿児島市外からは携帯・PHSでかけることができます。)

当院での鍼灸は“気の調節”です。 全身の気の流れを良くしていくと、気づかなかった 体の変化に気がつきます。

加藤鍼灸院トップページへ

往診(訪問はりきゅう)後縦靱帯骨化症 83歳男性②

“ピーンポーン”

チャイムを鳴らすとよたよた杖をついて歩いてくるおじいちゃんが迎えてくれました。

「こんにちは~!」

パンパンむくんでいる足にすぐ目がいきました。足首曲がらない、杖を頼り何とか歩いて来られました。ご自宅を歩くのにも杖が必要なんだなぁと思いました。

治療は腰と頸お灸、頭灸頭鍼をしていきました。

週に3回、治療を始めて2週間

「ココにはりを打ってくれんか?」

肩が痛いから肩にハリをしてくれ。手がしびれるから腕にハリはできないのか?とあちらこちらハリをしてほしいと要求がありました。それだけ身体の不快な痛み多くあったようです。本人も思うように動かない足をパンパン叩き、歯がゆい思いをされていました。長年患っている後縦靱帯骨化症着実に進行していました。後縦靭帯骨化症と診断をうけたのは今から30年前のこと。うつ伏せ腰にお灸頭に灸頭鍼をしていると、当時のことを思い出しながら話してくれました。

あの時はなぁ、両腕、頸の痛みがあまりにもきついもんだから、病院に行ったんだよ。

すると、医師から告げられた病気は頸(くび)後縦靱帯骨化症。驚いたよ。初めて聞く病気だった。今すぐにでも、と手術を勧められた、その当時は手術以外治療法がなくて、手術をしても車イスになる可能性が高いといわれた。大きな仕事を始めたばかりだった私が手術をしてもし車イスの生活になったら、と考えたら恐ろしくて手術はできなかった。薬もなかったから、どうしても痛みが我慢できないときだけ、頸の牽引とマッサージをしてもらいに近くの病院まで行っていたよ。」

「そうですか。大変な思いをされていたんですね。」

病気の進行を止めること、少しでも進行を遅らせることが患者さんと私の目標でした。

鮫島佑梨子

«

»

ページ先頭へ

加藤淳鍼灸院