患者さまの声を見る

加藤淳鍼灸院
鹿児島市東谷山1-36-1 フリーダイヤル:0120-706-219(鹿児島市外からは携帯・PHSでかけることができます。)

当院での鍼灸は“気の調節”です。 全身の気の流れを良くしていくと、気づかなかった 体の変化に気がつきます。

加藤鍼灸院トップページへ

左片麻痺の患者さんできることが増えてきました。

【左片麻痺の患者さんの左足を右足で支えることなくベッドに寝られるようになりました】

こんにちは。さめしまです。

院長先生と訪問鍼灸(往診)に行ってきました。

1年半前に脳出血を起こし、左半身麻痺の40代男性の方です。

ご自身の鍼灸治療を開始したきっかけが、脳出血のため入院している時に同部屋だった患者さんが当院に来院されており、この方の回復ぶりに驚き、自分も鍼灸治療を受けたく、当院を来院されたそうです。

発症してから9ヶ月経って治療を開始し、現在週に二回の鍼灸治療を続けて7ヶ月が経ちました。

脳出血後遺症の左半身麻痺のため、思うように体を動かすことが困難です。

毎回治療後は足が軽くなり姿勢保持がしやすくなるため、動き方が良くなっています。

しかし、すぐに元の状態に戻るので、本質的に機能回復は難しいのではないかと感じておりました。

ところが、3週間前からベッドのあがり方が変わってきていました。

今までベッドへ横になる時、麻痺側の左足が全く反応しないため右足で左足を引っかけるようにして支えながらベッドに足を乗せていました。

 

しかし、今日も右足の支えはなく、麻痺側の左足だけでベッドへ足を乗せていました

 

3週間前からこのように右足の支えなしでも左足が挙げられるようになり、その状態を維持し、麻痺側の左足の柔軟性が出て筋肉がつき、使い方が上手くなってきているようです。

できるようになっていることが着実に増えていて驚きました。

はり灸治療後に筋肉が緩んだり、痛みがなくなることで少しずつですが改善していたようです。

そして、本人の散歩の努力に磨きがかかり、散歩をすることで筋力がつき、むくみがとれるため「散歩が一番良い」といわれていました。

今は3000歩歩くのに30分前後かかる位になってきています。

はじめに、足と腕にお灸をして、頭にハリをあてると気持ちよさそうに寝ていました。

処方灸のあたたかい心地よさは私も体感しているので、みているこちらまで気持ちよくなります。

ご本人に座ってもらい、足をあげる動作を確認してもらってから、足をさすります。

さすった後、足をあげてもらうと外からみていても足が挙がりやすくなっており、「軽くなっていますね。」とおっしゃっていました。

さらに経絡気功体操を一緒にし、起立してもらうと、姿勢が安定していました。

最初よりも姿勢が良く、背が伸びています。

帰り際、こんなに大きかったかなと思いながら、姿勢が変わっていることに気づきました。

治療前と治療後の患者さんの顔色や姿勢の良さはまったく違います。

7ヶ月間、鍼灸治療を続けて、足をベッドへ移動する動作がスムーズにできるようになっていることは大きな驚きでした。

脳出血を発症して9ヶ月(半年以前)が経ってから治療を開始したため、回復が難しいと言われておりました。

実際にはり灸治療後、筋肉や関節が柔らかくなって、動かしやすくなるのですが、しばらくすると元に戻っておりました。

しかし、今回の日常生活動作の回復しているところをみて、少しずつですが着実に改善していることを目の当たりにしました。

今現在も治療を続けているご本人のあきらめない気力に、そして快方に向かう手助けになっている鍼灸の凄さに、感動します。

患者さんと少しでも一緒に良い方へ向かっていけたらなと思う往診でした。

 

«

»

ページ先頭へ

加藤淳鍼灸院